カンボジア:プノンペン商業銀行口座開設:1人で出来る:2020年6月20日

スポンサーリンク

こんにちわ。

今日は誰にでも出来る超簡単カンボジア投資として、プノンペン商業銀行、通称PPCBankの口座開設方法をお伝えいたします。ちなみにPPCBankの口座開設はカンボジア投資の第一歩で実際にはもっと利益率の高い商品が沢山存在しています。そういうものは最後に簡単に紹介させてもらいます。 

同内容は既に僕自身も過去に書いていますし、他の方も上げていますが情報をアップデートするために改めて簡単に更新します。2020年6月20日

この記事を書いている理由

コロナ渦中で沢山の友人から「副業!」、「Youtuber!」というメイン収入以外の稼ぎ方を模索する相談を受けるようになりました。そういった相談をした人も、受けた人もたくさんいると思います。

相談を受ける時、みんな職場で十分な収入を稼げない不安にかられて相談をしてきているように思えます。なのでいつも「何をするにもまずは種銭、お金を集めてから」と話しています。

種銭が貯れば、Youtubeでもブログでも好きなことはじめていいと思うんですが、ブログもYoutubeも実際は継続するのがとても大変ですよね。僕自信、ブログを舐めて書き出したのでよくわかります(笑)めちゃくちゃ大変なんです。

それに加えて、海外投資は簡単ですよね。入れたらほっとくだけ。あとは定期的に利息が振り込まれるだけです。

なので今回は手間がかからない方法として海外投資をおすすめする僕が、カンボジア海外投資の第一歩としてプノンペン商業銀行、通称PPCBankの口座開設方法を説明します。

どうしてカンボジアなのか

カンボジアは一昔前の汚い、治安悪い、未成年売春の国からは脱却し、僕が知っているこの7年間でも大きく切れに整備されてきました。AEONもあるし、なんと毎年のGDP成長率は7%超えを誇ります。

そのため貸付金利や利息も高く、プノンペン商業銀行の貸付金利は1年間定期預金で5%を誇ります。

また、通常は成長率の高い国の通貨は概して通貨安が起こっていくリスクがつきものですが、カンボジアは主要通貨が実質米ドルとなっており、自国通貨であるリエルは補助通貨としての役割でしか稼働していません。

そのため、高い経済成長率の恩恵で高い利息を受けられるにも関わらず、通貨安のリスクが少ない珍しい国となっていてそれが初心者にも魅力で多くの日本人が個人で投資を行っています。

(インド在住者の方々は通貨安の危険性をよくご存知のはず。)

ちなみにプノンペン商業銀行のドル建て定期1年は2020年7月現在5%の利息が付きます。

Page not found - PPCBank Cambodia

プノンペン商業銀行って?海外投資の入り口に先ずは口座開設

プノンペン商業銀行の定期講座は誰にでも出来る海外投資として人気を集めてきました。もともとはSBIが株式の多くを所有していたのでカンボジア在住の日本人にとても人気があり広がりました、現在は韓国系が持っています。

2013年からカンボジアの首都、プノンペンの中心地に日本人窓口を開き、2,3名の日本人が常駐して対応しています。

プノンペン商業銀行の口座開設時に必要なもの

口座開設時に必要なものは口座開設自体に必要なモノとデビットカード発行時に必要なものがあります。(基本的には全部持っていってください。)

《個人口座開設時の必要書類(2020年06月現在)》

《個人口座開設時の必要書類(2020年06月現在)》

  1. 有効なパスポート(有効期限が90日以上残っているもの)
  2. 職業を確認するための書類(雇用契約書 / 在職証明書 もしくは、営まれている事業に関する証明書 / 契約書 / 覚書)
  3. 口座開設に必要なお金:普通預金口座:USD 5~(デビットカードお申し込み時はUSD 100~)/定期預金口座:一口につきUSD 500~
  4. 5日以上(口座開設は即日で可能ですが、デビットカードが必要な場合は5日営業日かかります。)

《デビットカード発行時に必要なもの(2020年6月現在)》

80USD:到着時に3年の複数回入国ビザ:3ヶ月以上有効なカンボジア査証(ビザ)を取得するため

プノンペン商業銀行の口座開設に必要な書類の集め方

パスポート

パスポートはお持ちですよね。持っていなければ下記のページを参考に取得してください。

パスポートの申請から受領まで(初めてパスポートを申請するとき等の例)

在職証明書

在職証明書は会社の人事に伝えてもらいましょう。社印必須です。名刺は不可ですので気をつけてください。

お金

ざっくりUSDで600USDが必要になります。(3年マルチビザ80USD、定期預金500USD以上)

お金の心配をされる方は大体空路でいらっしゃると思います。プノンペン国際空港にはATMが設置されているので海外キャッシングかデビットカードで日本円からドルに両替されて引き出すことが可能です。そのため、日本で用意する必要はありません。レートが悪いだけなので辞めましょう。

陸路入国の場合はバンコクやホーチミンの両替所で両替することも可能ですが、最近ではカードキャッシングしてオンラインですぐに返済するほうが両替レートが良いので基本的にはカード一択だと思います。

日本人窓口のある支店

プノンペン商業銀行の日本人窓口があるのは、首都プノンペンにあるオルセー支店のみ。2,3年前に移転したばかりのきれいな支店です。日本人窓口は2階部分になります。

支店名:オルセー支店
電話番号: +855-23-964-037
住所:#437, Preah Monivong Blvd. (Corner St. 214), Sangkat Boeng Prolit, Khan 7 Makara, Phnom Penh

トゥクトゥクならGoogle Mapを見せれば連れて行ってくれます。わからない場合はプノンペンタワーまで連れて行ってもらい、そこから北上して徒歩1分左手、到着です。

口座開設

支店についたら「ジャパニーズデスク!」と一言、階段を案内してくれます。2階が日本人窓口になっています。  

2階には日本人担当者が居るので、一声かけると、順次対応してくれます。基本的には言われたとおりサインしていくだけ。

僕が開設した2018年は待ち時間含めて2時間弱かかりました。

デビットカードが入用の方は申込みから5営業日でかかりますので、日曜日着で月曜日朝一に開設→金曜日受け取りが理想ですね。ちなみにカードは撮りにこられない場合、発行から3ヶ月で破棄する規則になってますので、それ以内にもう一度来れるようだったら受け取れます。カンボジアの他行も同じなのでもし他の銀行も解説するなら一日で済ませましょう。

補足:携帯電話番号の関連付け

もし、オンラインで買い物をするのにPPCBankの口座を利用したい場合、銀行口座に関連づいている電場番号にOTP番号(確認用暗証番号)が飛んできます。

そのため、買い物をしたい人はカンボジアの携帯電話番号が必要になります。

カンボジアでは先払い型で月額使用料のかからない携帯電話があり、維持費用が年間10ドルくらいで維持できるので、ぜひ契約しておくのをおすすめします。

カンボジアの携帯電話の契約方法に関しては後日別記事にてご案内いたします。

終わりに

プノンペン商業銀行の口座開設は簡単なので、特に業者に頼む必要はありません。自分でやりましょう。浮いた手数料で最近乱立しているおしゃれなカフェに行くのがおすすめです。

(余談ですが、プノンペンのカフェはバンコクやその他の中進国、発展途上国と同じ綺麗さ、品質です。ぜひ探検してみてください。)

プノンペン商業銀行の定期利息は他行と比べて良いわけではありません。なので初年度だけ定期にして投資商品の利息の受取口座にしたり、次年度からは他の銀行の定期をチャレンジしてみるのも良いと思います。

実際からあげは商業銀行に融資をするという形で、税引き後の受取利息7.309%を毎年頂いています。そういった話は次回したいと思います。

今は、コロナ渦中で先行きが見えませんが、落ち着いたら興味のある方は皆さん海外投資にチャレンジしてみてください。

最後までご覧頂きありがとうございました。

からあげ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました