“他社”の海外で日本のテレビアプリをレビュー:(何で僕が・・・)

4.5
スポンサーリンク

土日の休みを控えた先週の金曜日、グループウェアのプロジェクト内で社長がこんな事を突然つぶやいた。

社長「週明け月曜日が期限のブログは全員書いたのか?書かなかったら減給する。」

唐揚げ「え、何の事っすか?」

どうやら僕が知らない間、どこぞで行われた会議でこの宿題が出たらしい。だけど、誰も押してくれず・・・シクシク・・しかも土日は休みだ。期限数日どころか数時間しかない・・・。誰か教えてよ。そんな訳で急遽ブログを書くことになった。(しかもなんで個人ブログなんだ)

何のブログか?というと、“社外”“社外”の海外で日本のテレビが見られるようになるアプリの批評記事。(決してうちのアプリではない、絶対違う。)

そんな訳で減給を阻止するために日本のテレビ、レビューを書きます。減給阻止ブログだ!

想定読者

一応読者を想定とそれぞれへの狙いはこんな感じ。

  • 日本在住者:海外在住日本人の生活を想像しながらこんなサービスがあるのかと感じて欲しい。
  • 海外在住者:このようなサービスがあることを知ってもらい、暇だったらビールでも飲みながら遊んで見て欲しい。

と思いながら書いた。愚痴が混じっているのはご容赦お願いつかまつりあげる。

海外に住むことの問題:日本のコンテンツにアクセスできない。

日本人のほとんどは当たり前に日本に住んでいるのでご存じないかもしれないので前提から説明する。日本の動画サービス(AbemaとかDAZNとか)は様々な理由で海外からは見られないようになっている。例えば動画コンテンツを提供しているAbema TVを見ようとアクセスするとこんな画面が出てくる。

もちろんTverも同じような感じでエラーメッセージが出て視聴できない。

これは悲しい。海外は当たり前だけど在留日本人が楽しめる遊びは非常に少ない。(ちなみにインドはさらに少ない。)

大手自動車メーカーの駐在員さんやその下請け会社の人達は下手したら何もない砂漠地帯に住んでたりする。だから時間を潰すための遊びは特に重要。

だから海外からはコンテンツが制限されていて視聴が制限されているのは、大・問・題なのです。

解決策:カフェでお喋り、ゴルフ、VPNや日本のテレビアプリが救い。

もちろん、能動的に活動ができる人は海外でも楽しめるかもしれない。だけど人間そんな人ばかりじゃない。地方に住んでいて、普段は中心地にも行かないような人がいきなり「来月からお前、砂漠(勤務)な」と言われたりしているのだ。可哀そうどころの騒ぎではない。

よくしてくれている人が昔、なぜか高卒のトラックドライバーと駐在することになったのだけど、ドライバーさんも想定外すぎて外へ一歩も出ようとせず大変だと語っていた。(どうしてインドへ送り込まれたのかもわからないが・・)

もちろん、在留者にもそれなりに遊びが提供されている。分かりやすいところで言えば日本人での飲み会、駐在帯同の奥様方はよくカフェでお喋りして普段の息抜きをしている。(スケベなほうのカラオケもある)

だけど、それだけじゃ時間は埋めきれない。朝、夕食の用意をしている間子供に見せるテレビ、ビールを飲みながら見るテレビ、そういう時間も必要である。

ちなみに、VPNとは海外からはアクセスできないコンテンツ(AbemaTVとか)を見るために、一度日本(やその他どこの国でも)のコンピューターを迂回する仕組みである。コンテンツ提供者はそれを日本からのアクセスだと思い、海外からのアクセスにもコンテンツを提供してくれるわけ。

(暗号化、専用線等別の利用方法は今回の趣旨から外れるために省略。詳しくは下記をどうぞ。)

VPN接続とは?仕組みや種類を初心者にも簡単にわかりやすく解説 -Biz Put-|@nifty法人向けサービス
VPN接続とは?仕組みや種類を初心者にも簡単にわかりやすく解説-Biz Put-

って、違う。VPNは今回の目的ではなかった💦本題に戻そう。

そして、いくつかある選択肢としの一つとして日本のテレビサービスも各国で提供されている。

日本のテレビ見ない?オワコン?それは日本”で”の話です。いろいろなコンテンツ、遊びにあふれた日本だから相対的に価値が下がるだけで、砂漠の中で何もやることがない中「テレビ見るか?」と言われたら人間は見るものである。そこで本題の今回のアプリが活躍するのだ。

KaitekiTVは海外在留日本人向けに作られた日本のテレビアプリ

今回レビューするのはこちらの KaitekiTV というアプリケーション、Android、iOSとAmazon Fire TV Stickで日本のテレビの生番組と過去4週間分の録画番組が視聴できるサービス。公式サイトは下記↓

KaitekiTV公式ページ

テレビ番組のデータを専用サーバーへため込んでそこから利用者の要求に応じて垂れ流す仕組み。もっとわかりやすく言うと専用のYoutubeみたいなもん。

ちなみに、何故に過去番組?という疑問は時差があるからである。インドは日本と3時間半時差があるので夜6時に勤務が終わって工場地帯から家のある住宅まで帰るのに片道2時間というのは普通の話。そうすると家につくのは夜8時、時差を換算すると見れる番組は早くて夜11時半のものからになってしまう。深夜番組好きな人は良いけど・・・ゴールデンも見たいよね。だから過去番組をさかのぼってみることはこういった日本人向けテレビサービスでは当然に要求される。

ではとりあえず、KaitekiTVをインストールしてみますか。

インストールは簡単にできる。それぞれGoogle Play Store、アップルストアからダウンロードができる。Amazon Fire TV Stickの場合もアプリの検索で Kaiteki と入力したら表示された。Android、iOSの直リンクは下記

iOS用ストアリンク

‎Kaiteki-JP
‎Kaitekiは、海外在住、生活、出張、旅行者向けに日本のラジオ、テレビを受信するアプリです。 ユーザーはお気に入りのチャンネルを登録でき、いつでもどこでも、地元のニュースや番組を聴くことができます。

Android用ストアリンク

Kaiteki – Apps on Google Play
Kaiteki is an app that receives Japanese radio and TV for overseas residents, living, business trips, and travelers.

登録※アプリ上ではなく、ホームページ上で登録する必要がある。

面白いことにこのアプリ、見た目はラジオの画面になっている。そして、そのままアプリ上で登録するとラジオしか聞けない。どういう事?と思ったが、どうやらアプリ上ではなく、ホームページ上で登録しないといけないよう。

ホームページ上で登録するときちんと表示がされた。ホーム画面→「今すぐ無料お試し」で登録画面へ移動、もしくは下記のページから

KaitekiTV公式ページ

ちなみにアプリ上で登録してしまい、ラジオしか流れない場合問い合わせたらテレビが見られるように設定変更してくれるとの事。

操作方法。

ログインすると上部にコンテンツが再生されて、下部に番組表が表示される。最上部の放送局を左右にスライドさせて好きな放送局を選ぶと生番組が見られるらしい。

ログインすると直後に放送画面が表示される。

続いて、生番組の視聴方法。生番組と同じように丈夫で放送局を選択後、画面右側の番組表を押すと日付表示が出る。そちらをクリックすると日付を選ぶことができる。日付を選んだ後に、下部の番組表で好きな番組を選ぶと過去番組が再生される。

録画番組再生手順

更に、画面をタップするとバーが出てくるので引っ張ると早送り?なんていうんだっけ、見たい所から見られる。

早送りの仕方

最後に、国や各国のインターネットの影響を受けて画面が真っ暗になる場合がある、その場合は転送方式の変更で対応できる。これは裏でどうなってるのか全く分かってない。:画面左下のハンバーガーボタン→マイページ→映像方式→HLSまたはP2Pへ変更してみる。

まるでエヴァのヤシマ作戦のようである。リツコ「陽電子は地球の重力、磁場、自転などの影響によって、直進しません」的な

料金は一か月換算20USDから。

料金はAndroid/iOS用とAmazon Fire TV Stick用でわかれているらしい。

スマホ・タブレットで見る体験と大きなテレビで見る体験が違うのは分かるが、いくらなんでも端末を自分で用意して、流れてくるデータが同じなら料金の差は少し極端な気がする。

総評

このようなタイプのサービスは大手が参入せず、アプリの完成度が全く向上しない。多分これつくった人はUXとか聞いたことも無いと思う。それが体験上でのボトルネック、ストレスになってしまう事が往々にしてあるのだけどこのアプリはかなり良いと思う。

登録時にカードを登録する必要もないので謎の請求がされることも無い。支払いは期限が切れるごとに補充するタイプで、バックグラウンドではSTRIPEという信頼性のある決済代行サービスが稼働している。登録後に大量にいたずらメールが来ることも無い。海外在住の方は無料で一週間試せるようなので気軽な気持ちで試せるようになっている。

以上、軽いレビュー提灯記事。提灯の割にはほめてないけど・・・もし、試してみようと思う場合は下記から直接登録、インストールとお試しができるようになっています。お試しあれ。

KaitekiTV公式ページ

これくらいでよいかな。これだけ書いたら減給どころか昇給して欲しいものである。

社長!期待してますぜ!!

下記に公式が開設したっぽいYoutube動画があるのでチャンネルを張り付けます。こっちの方が解説が丁寧だと思う。

KaitekiTV
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

何度も言いますが、このレビューは社長がどこからか受けてきた他社サービスのレビューアプリです。他社のアプリです。そこんとこ、よろしくお願いします。

終わり。

Uncategorized
スポンサーリンク
このブログをフォローする
明日何処にいるか分からない

コメント

タイトルとURLをコピーしました